ターマーエッセイ

ちょっと、エッセイのコツが分かったかも。

エッセイ

孤独に耐える力をつける前に、人と仲良くなる(遊ぶ)ことの方が大事なような気がする

小さい頃から 大好きで熱中できる ものがあって 今もなお はまっている何かがある人は この話は関係ない。 (たぶん) そうではなく 今、何も熱中できるものがない という人に向けている話。 あるいは、何かに 飽きている、という人に向けて。 今回のテーマ…

ネットが古くなる日~ググらない生き方に興味深々

どんなものも いつまでも新しい ということはない。 そういう意味では ネットもまた古くなる。 今はまだネットは 新しいツールとして 使われているし まだまだネットに 代わるものは出ない と言われているけど その未来予測は外れる 可能性がある。 そう思っ…

造語作りは楽しい~死魔旨について

これだけ 沢山の日本人が 検索をしている世の中で どうして「造語」は 流行らないのだろうか。 私は、昔っから 漢字が大好きだった。 とはいっても その魔力みたいなものは 説明がつかなかった。 当時の自分にはその魔力を 表現できるだけの言葉がなかったか…

明日、死ぬことを考えているなら~雄叫びを上げる覚悟はあるかい?

その発想は私にはなかった。 それは9月1日に、自分で命を絶つと 決めること。 私の経験で正直に 言わしてもらいたい。 今の、あなたに必要なのは 緊急避難的に 一時的に「逃げる」場所を見つけ そこに駆け込むこと。 しかし、これができるかどうかは 私に…

1+1=1だけど、1-1=も実は1?

アイシュタインの有名な話がある。 彼が算数の時間、先生から 1+1=2だと教わった時 こう切り返したそうだ。 「こっちの粘土とこっちの粘土を くっつけます。 どうですか。 1+1=1じゃないですか?」 先生はこれに答えられなかったという話だ。 これ…

泥門デビルバッツから見る学歴とエコロジカルニッチ

ヤーハー!!!! と第一声を上げても いいのだけど 今日はそんなテンションではない。 (家の中では練習しているw) 実は今日は久しぶりに ネガティブループにはまっている。 ネガティブループにはまった時 私が今のところとっている方法は二つある。 ひと…

ゲームに飽きた人達がやらないたった一つのこと

「ゲーム 飽きた」スレを見てきた。 どうやら、若い世代の「ゲーム 飽き」が けっこうあるようだ。 色んな対処法が述べられているけど ほとんどの人が肝心な「本音」の部分に 触れていない。 ゲームに飽きてしまった一番の理由は ゲームが面白くないからでは…

「胸キュンしない男たち」とか言って、スマホをいじる女への違和感

これから言う事を 誤解なきよう きいてもらえれば 幸い。 *女批判の文章では ないことをあらかじめ伝えておく。 スマホ社会になって もう何年が立つだろうか。 外に出れば歩きスマホは みかけないことはないし 中には自転車に乗りながら スマホで電話してい…

とんぼ多すぎ飛びすぎわろたw

私は、週一回畑をやっている。 ここ最近は、夏の暑さで いけてなかったのだけど 今日、久すぶり(訛ってんなw)に 行ったら、びっくりΣ(゚Д゚) とんぼが畑に大量発生しているのだ。 ポケモンでいうところの ヤンヤンマが大量にいると思えばよい。 (たぶん) …

ポッ拳が生み出した「よける」というコマンド

アニメのポケモンでは お馴染みのコマンド。 それが「よける」だ。 (サトシは他にも「かわせ!」とか 言っていたような) 私はかねがね、不思議に思っていた。 どうして、ポケモンのゲームに 「よける」というコマンドはないのか。 その疑問は解消されなか…

文化を引く

文化というのは どのように広がるのだろうか。 それについて考えた時 ひとつ思い当たったことがある。 それは、文化なんだから 「通り道」が必ず必要、 ということ。 それが、芸術の分野であれ 科学の分野であれ 日本全国に広めようと思うのであれば その文…

稜威避衆邪 厚徳降多福

タイトルが わけわからんだろ?(笑) おれも、本当の意味は分かってない。 漢字のイメージで訳すなら 「邪気を持つたくさんの人がいるような場所からは 逃げる。そうすると、あなたにたくさんの福が 降りてきますよ」という感じだ。 (訳していない漢字もあ…

考えるヒントという「言葉」に気づかず早何年?

ある時期まで 私は読書に関して罠にはまっていた。 それは、読書というのは 「人生の答え」を探すために 行うものだ、という誤った考えだ。 この罠にはまってしまったのは おそらく、私自身だけの責任ではない。 世の中の風潮として「名言」が もてはやされ…

車、地域事情

車を使っている人は 世の中には沢山いる。 どこもかしこも、車だらけ。 外に出かければ、車を見ない日はない。 ところで車って 自分たちの生活になくてはならないの? というのも、私自身は 車を所持していない。 親が持っていないのもあるけど そのまた親も…

ときめきを失う二つの理由と暗記的な会話

いつからだろうか。 「ときめき」というものが 失われたのは。 思い返してみると 私は、小学生から中学生まで よく「どきどき」していたと思う。 ある時からそれ=「緊張」と考えるようになり 「よくないものだ」となり 最終的には「ときめかない」カラダに …

目印

私たちがよく言う「目が疲れた」 という現象に違和感がありました。 足を使ったら足が疲れる。 腕を使ったら腕が疲れる。 そして目を使ったら目が疲れる。 これは一見その通りに思えますが ほんとうにそうでしょうか? たとえば、気功の動きに スワイショウ…

TAKA-Bee30選~その1

TAKA-Beeと出会い。 それは私の音楽史の中で 衝撃的な事件だった。 ニコニコ動画で「たかび」の存在を 知っている人なら、彼のこっちの顔も 知っているかもしれない。 なにしろ、HPがあるのだ。 (今は閉鎖して、Facebookに 移行している) このサ…

テニヌ

中学生の頃、はまっていた漫画の一つに 「テニスの王子様」という漫画がある。 今も「新テニスの王子様」として 連載され豪快なテニヌをやっている。 「テニヌ?テニスじゃなくて?」 そう。テニスじゃなくて 「テニヌ」というのが ネット上での評価だ。 一…

相性・タイプ・コミュニケーション

「ポケットの中の野生」という本があるのを ご存じだろうか。 これは「ポケモン」というゲームについて 中沢新一という著者が分析したものだ。 私は、以前からこの著者の本を拾い読みしていたので (「東京アースダイバー」は良作だと思う。 いつだったか居…

「ワンピース」を、政治がっくん徒が読むと?

漫画「ワンピース」について 幾ばくか、話をしたい。 この漫画、売れていることは 売れているものの、実は 日本中で広まっている漫画なわけではない。 それに気づいたのは最近。 自分のツイッター界隈もそうだし リアルに出会ったきた人達も そうなのだけど…

ネタ探し、時々メタ探し

とあるネットビジネスをしている人が 動画で言っていた。 「人とのおしゃべりからヒントを得て それをネタにする方法もある」と。 私は聴いた時この動画の内容が分からなかった。 自分が何十年生きてきた中で 人とそれなりに会話をしてきたが (一時期、それ…

マトリックスから学んだ「組手」

映画『マトリックス』。 名前ぐらいは聞いたことがあるだろうか。 知っていたら、私は嬉しい。(笑) 1999年公開のこの映画。 この映画を見たのは、おそらく、公開から少し後になる。 ただそれでも映画の「余熱」が半端なかった。 (TVで見たのかもしれ…

ゲーマーではないゲーム好きの退屈の話

自分が体調を崩した時 「何もやることがなくて。 ゲームも面白くないんだ」と ゲーマーの友人に言ったところ その友人からある言葉を言われた。 「○○(自分の名前ねw)ゲーム好きじゃないんだろ。」 私はこの時「確かに実際にプレイしたゲーム数は少ないし …