バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

漫画「ホイッスル!」が、無性に読みたくなる。「もっと遊べよ」を超えるセリフを未だ知らない

「キャプテン翼」や 「エリアの騎士」よりも。 まろにとっての「思い出」のサッカー漫画は 「ホイッスル!」である。 そして、YouTubeの動画観てたら アニメやってて、無性に 「ホイッスル!」が読みたくなった。 風祭や、水野。 シゲさんや不破といった面々…

ふろむださんの「悪魔!」本を読む。「あれは、誰だ?誰だ?誰だ?」

つい、本と目が合ってしまい 以前「情動シミュレーション」という 「読書技法」を教わった 「ふろむだ」さんの本を購入。 バリ、悪魔本でおじゃる。 今年の最後のhit本と言っていいかもしれん。 もこう先生に始まり 軒並み、実力を感じられない 「ユーチュー…

鬼作の「鬼畜道」の実況動画を観て「ヤバさ」を感じた後、「新・鬼ヶ島」の実況動画を観ると「ほんわか」する

両親が口論真っ最中の 「おとなし」。 (今ではなく、この間の意味) いつになったら あの二人のやり取りは終わるのか。 (不倫騒動を含め) 自己正当化同士が 「ただ」ぶつかっても疲れるだけのような。 まぁいい。 「沈黙」の夫婦よりは。 そういえば、へ…

ワンピースは、どちらかというと「おじさん」キャラたちの「言葉」が身に染みて泣ける件

初読者で ワンピースを読む人はルフィを取り巻く 主要キャラに惹かれることが多い。 (まろは、小学生だった頃アニメ放送当時は 専ら、ルフィというリーダーシップ発揮する キャラに惹かれていたので。たぶんw) しかし、読み返してみると 「おじさん」キャ…

罪と快という漫画が、エロくてたまらない。

調布のくまざわ書店で 「罪と快」という漫画を購入し読了。 やべぇわwこれw もろ、ドストライク。 まろが、高校生だったら 貪るように読んでいたこと間違いなし。 岡田和人作品にも相通じる。 何というか「性的快楽」に「罪悪感」を持つ 男の子と、緊縛し…

最澄も空海も天才ではない。相対評価でみると、ふつうの人より「一段」「熱中度」が強かっただけ。それを「才能」と呼ぶか「継続力」と呼ぶか。

音読は継続中で 今日で10日目になるか。 おめでとう。(ノД`)・゜・。 徒然草とニーチェと入不二さんの本については 音読ができている。 中でも、徒然草の短い章句の一部は そらで、言えるようになった。(ラップ調だがw) 「ツレヅレナルママニ・ヒクラシ…

風が吹いている最中、とげとげの実のなる木の下にいると、危ないということは誰も教えてくれん。

地元にある「とげとげ」の実のなる木が 気がかりな「おとなし」。 あれ、風吹いて落ちてきたら ぜってぇ、怪我でおじゃる。死滅せい。 (ブラックまろ。(´_ゝ`)) 自転車のパンクになりかねん。 ネット情報によると楓(ふう)か 紅葉葉楓(モミジバフウ)だ…

生き延びるために「漁る」。「crow」戦略

ワールドカップ、日本は 負けたでおじゃるな。 香川から乾のシュートは 世界トップレベルさを感じたのに 終盤で、押されて劇的な幕切れ。 おつかれさま。 話は変わるのだが 人口減少ってまろにとって 「チャンス」だよなあ、とつくづく思う。 今日はそこんと…

漫画「ペリリュー」の一巻を読み終えた後、部屋にいた二匹の朝蜘蛛を殺せなくなった「まろ」がいた

今年の暑さ、半端ないのぉ。 「まろ」は日陰が好きなのだが 日課がら、外出することも多い。 そうすると、嫌でも照りつけるような 日差しを浴びる羽目になる。 スーパーから帰ってきて昼飯を食うたので 今日はその「暑さ」を「熱さ」に変換して 記事を書くの…

これから「まろ」の細胞を作り変える名著10。アファメーションより、活力の出る文章をハンコ音読。

日本には同じ「本」を「1000回」 読む人がいると知った「おとなし」である。 ググれば分かると思うのだが その人は「孫子」を1000回以上読んでいる。 その人は更なる高みを目指すため 一万回を狙っているそうである。 「まろ」にはそんなことはでき…

ドミニク・ノゲーズの「失敗学」は面白い。久しぶりに外国人の文章で笑ったwくそ~「ラット」した。

朝は涼しかったんだけど 急にまた暑くなって初夏を感じる「Rigo」です。 図書館に行って、太極拳関連の本を探っていた。 まぁ、こっちで「アタリ」の本はなかったけど 海外文学を端っこから端っこまで 見ていったら、すごく面白いものにhitした。 それが、ド…

女の人の引き締まった「お尻」は格段にエロい媚態であるし、女子高生の太ももがエロすぎて、目のやり場に困る。とか言いつつ、脳内で楽しんでるけど

夢の中で、倒れた自分を 引きずる女の子に「勃起」していた「Rigo」です。 (なんだよそりゃw) あ~面白かった。(*'ω'*) 夢ってやっぱり好きだわ。 今の現状、心境を表している感じがして。 さて、今日の話題は二つ。 一つ目が「笑えない」人たち。 年を重…

双六都市・東京

前回書いてから 少し間が空いた「Rigo」です。 自分で書いといてなんだけど 「日記」続かねぇw そして、ネットサーフすることに 「めんどくささ」を感じるようになった。 だから、ブログネタを見つけるために 情報を漁ることもしていない。 そのこともあり…

奥さんから叱られて嬉しい?それ、マルメラードフ症です

無事、障害者年金の申請を 終えた「Rigo」です。 今日も、地元の市役所は賑わっていますw 前々回、罪と罰を読んでいる話をしたけど その流れでもういっちょ記事を書きたい。 罪と罰には、マルメラードフという 一見すると、人間のくず、みたいな登場人物が…

ドストエフスキーの罪と罰の主人公の思考を音読してると・・・が乗りうつり、気分が高揚する!

正気なのか・・・ 本当に病気の中 書いているのか分からない・・・ 「罪と罰」を読んでいる「Rigo」です・・・ こうやって書いていると・・・ 「罪と罰」の主人公の思考が・・・ 自分にも入ってくるようでおそロシア・・・ 前回読み直そうと思った時は・・・…

唯一、手元に残っている「ナゾ」本

哲学とはどういうものか。 ある人の言葉を借りると こういう風にも言われている。 「哲学とは、その本人にとって 苦しんで、どうにかして解決したかった問題。 そのため、その後に生まれた人が その人の書いた本を読んで 「よくわからない」と思って ゴミ箱…