ターマーエッセイ

一切が無関係

自由に書くか、それとも絞るか。

 自分が何を書くかも問題だけど

何を書かないかも同様に問題だと思います。

 

 えり好みはよくないのかもしれないけど

自分が何を書かないかで考えていけば

書きたくないことで書く内容が決まり

書いた内容で読者の共感をもたらすものになるなら

それに勝るものはないですね。

 

 で、あなたは何を書くんですか?

と問われた時に「うーん・・・」

となってしまうのはどうしてかというと

「書くこと」と「書かないこと」の区別が曖昧だからです。

たとえば、自分は今、機械やデジタルツールを使いこなすのが

得意ではありませんが、いずれそういうのも

使いこなせるようになる可能性はないとはいえないからです。

 

 その時に「自分はこういうものだけを書くんだ!」と

限定してしまうと、後々違う分野に興味を持ち始めた時

辛くなると予想がつくわけです。(笑)

 

 なにしろ、これからどんな出会いがあるか

分からないわけですから。

 

 この数年、色々な方のブログを見てきましたが

途中でやめてしまう方もいれば、継続して

良質な記事を書いている方もいますね。

 

 自分も以前、違うサイトで書いてたんですが

文章を書くことは楽しいんだけど

読んでくれる人がほとんどいないことに気づきました。

 

 試しに「はてな」ブログで書いたらどうだろうと思い

今日、登録を済ませ、書いています。

 

 以前は論文っぽく書いてみたり、疑似小説みたいなものも

書いてきましたが、どうも「ノリ」というか「いきおい」が

足りないことに気づき「これは自己満ブログだ」となり

更新が減っている状態です。

 

 色々書いてきましたが、この文章から見ても分かるように

どちらかというと、自分はテンプレート式には書きたくない「派」です。

 

 でもだからといって、テンプレートを無視し「自由」に

書けるかといえば、今の自分にその力はないと思っています。

 

 じゃあ、テーマを「絞る」のかといえば

それもまた窮屈。

 

 結局、どこに行き着くかといえば

テーマを絞りつつ、たまに脱線するような

そういう記事を書いていきたいと思っています。

 

 と言うわりに明らかにこの初投稿の記事、固いですね。(笑)

 

 しゃあねえか。