ターマーエッセイ

ちょっと、エッセイのコツが分かったかも。

ポケモン図鑑に突っ込んでいく~その1

 ポケモン図鑑

突っ込んでいこうと思う。

 

なんで、この記事を書こうと

思ったかというと

多くのポケモンの名前は「そら」で言えるのに

「じゃあ、そのポケモンって

どういうポケモンなの?」

と聞かれると、「うぐぐぐ」と

口ごもってしまうからだ。

 

折角だから、ポケモンについて

更に深く知るうえで

ポケモン図鑑に突っ込んでゆこうと思う。

(下ネタツッコみが多いのでご注意を)

 

 初代から、見ていく。

(テキストは突っ込みやすそうな方を採用)

 

001.フシギダネ

テキスト2

「うまれてから しばらくの あいだは

せなかの タネから えいようをもらって 

おおきく そだつ。」

 

背中のタネから栄養って!

お母さんのお腹の中の子供か?

それとも、お母さんのおっぱいをもらう子供か?

どちらにしろ、性的な説明ダネ。

 

002.フシギソウ

テキスト2

せなかの つぼみが ふくらみだすと

あまい においが ただよいはじめる。 

たいりんの はなが さく まえぶれ。 」

 

大輪って、若い人あんま使わんだろ。

ただよいにしろ、まえぶれにしろ

ポエマー的な説明。

私は、官能小説をかつてよく読んでいたので

「つぼみ」とか「甘い匂い」とか

言われると、性的なイメージが喚起される。

(変態で構わないよ)

 

003.フシギバナ

テキスト2

あめの ふった よくじつは 

せなかのはなの かおりが つよまる。 

かおりにさそわれ ポケモンが あつまる。 」

 

これも、雨=濡れている、

花=女性のアレ、というアナロジー。

花は昔から、花弁という言葉があるように

女性器に置き換えられやすい。

こういうつっこみをしていくと

「脳内が性的なイメージしかないサル男」

と思う人もいるだろうが、それは一向にかまわない。

 

濡れている女を見て

男たちは、盛り上がる。

嫌われるかもしれないが

性的に不感症ということは、多くの男性から

異性として見てもらえないということである。

(話がズレるので、ここでストップ)

 

004.ヒトカゲ

テキスト1

しっぽの ほのおは ヒトカゲ

せいめいりょくの あかし。 

げんきだと さかんに もえさかる。」

 

ヒトカゲの面白いところは

「しっぽ」の「ほのお」。

人間のエネルギーも実は

骨盤の仙骨(尾っぽ)から出ている

という話さえある。

丹田と連動しているのか?

 

005.リザード

テキスト1

しっぽを ふりまわして あいてをなぎたおし

 するどい ツメでズタズタに ひきさいてしまう。」

 

甘えん坊だな。子供は

自分の要求が通らないと泣くか怒るか

だだをこねるかする。

喧嘩ぱやいのも、損だぞ。

リアルの男で、爪で相手を

ズタズタにする人はいないと思うが。(笑)

(あ、リザードってメスの場合もありえるのかw)

 

006.リザードン

テキスト1

くちから しゃくねつの ほのおをはきだすとき

 しっぽの さきはより あかく はげしく もえあがる。」

 

この「口」を、男性器に置き換えてもいいな。

男だったら「ひのこ」レベルの発射じゃなくて

かえんほうしゃ」ぐらい熱いものを出して

相手を「炎の渦」に閉じ込めさせたい。

(快楽の熱さで抜け出せなくなってほしい)

 

とまあ(笑)そういう欲望があるのに、風俗にもソープにも

行くわけでもない。セフレをつくるわけでもない。

なぜなら「そこまでして・・・」という葛藤があるからだ。

 

たぶん、明日が世界の終わりであっても

私は、自分の欲望を抑えて生きるだろう。

それは人間としてはつまらない、嘘をついた生き方になるけど

(本当は、シタイ)

今の私はこの葛藤をすると、必ず理性が勝つ。

私は、それが悪いことだとは思っていない。

いずれ、そういうことをシタイ時に、

ルパン三世のように、ベッドへダイブする日も

くるかもしれない。

それを待つ。(笑)

 

今はこうやって、下ネタを記事にすることで

代償行為をしている。

(自覚アリ)

 

下ネタを頻繁に言う人というのは

下ネタを頻繁に記事にするのと同じで

代償行為、つまり代わりに何かする

という形で、自分の精神を安定させている。

 

それが楽しいうちはいいんじゃないかと思う。

 

飽きてくれば、やめてリアルの関係に

乗り出すでしょう。

 

ということで、今日はこの感じで

記事を書いていくぜ。

 

f:id:remone-dox:20170725112554j:plain