ターマーエッセイ

一切が無関係

稜威避衆邪 厚徳降多福

 タイトルが

わけわからんだろ?(笑)

 

おれも、本当の意味は分かってない。

 

漢字のイメージで訳すなら

「邪気を持つたくさんの人がいるような場所からは

逃げる。そうすると、あなたにたくさんの福が

降りてきますよ」という感じだ。

(訳していない漢字もあるが

それは置いといてくれ)

 

タイトルの文字は

おれの地元の神社に

今年の七月に

出来た表札に書かれていた奴。

(「に」が多いなw)

この「稜威」=「イツ」は

武道の免許皆伝の書や、神社の祝詞

使われる言葉。

 

なんだが、タイトルの文面で検索しても

全く出てこない。

 

ここから考えられるのは

この文章の一部は、昔のある人が

「作った」言葉だということ。

 

 私はその人を知っている。

 

漢詩に長けていたし

彼ならこういう文章を残していても

おかしくはない。

 

それにしても

「邪気をもつたくさんの人がいる場所から逃げる。」

というのは、なんて現代的な処世術なのだろうか。

 

都心にしろ、ツイッターにしろ

そこには、明らかに「邪気」を放つ人々が

たくさんいる。

 

そこから逃げた方がいい、と言っている。

 

当時(明治時代?)、この言葉が

どういう文脈で言われていたのか

すごく気になる。

 

 この言葉だけ切り取っちゃうと

何だか、ハウトゥーであり

自己啓発くさく感じると思うんだが

ちゃんと、文脈があれば

その言葉の真意がつかめるはず。

f:id:remone-dox:20170816084801j:plain