ターマーエッセイ

一切が無関係

現実というのは常にひとつきりです

これは村上春樹

「1Q84」の

最初の場面に出てくるセリフだ。

 

私は、この本を

繰り返し読んだ割に

このセリフの意味が

よう分からんかった。

 

現実というのは常にひとつきり?

 

はてな(・・?

 

最近そのセリフについて

考えていると

「もしかしてこのことなのかな?」

と思うようになった。

 

つまりはこうだ。

 

目の前に「現実A」が存在するとして。

 

その現実は、自分の盲点や先入観も含め

色んな現実がある。

 

たとえば

どこかへ移住しようかとか。

シェアハウスに一度は住んでみたいとか。

何なら、海外へとか。

 

選択肢は色々ある。

 

しかし、その中でどれかを選んでしまえば

それは自分の「現実」となり

それは自分の「経験」として

確固たるほど

動かせない「現実」となる。

 

「人生は選択の連続」と言った芸術家が

いるように、選択が自分たちの人生を作っている。

 

おそらく、村上春樹

言いたかったことは

この「当たり前」のことなのではないか。

 

「選択」の積み重ねが

今の「現実」を作っている。

 

それは、「ひとつきり」。

 

だから、あの時、ああしとけばとか

あの時のことが頭から離れないとかは

実は、現実を生きてない人の言動なのだ。

 

なぜなら、あの時ああしていた現実は

今、「ない」のだから。

 

今、「ない」ことを

ああだこうだ、考えても意味がない。

 

これは言うなれば

「昨日、ししゃもを食えばよかったのに

なんで、おれは食わなかったんだ・・・」

「ししゃもを食べなかったことが

頭から離れない・・・」

「ししゃも・ししゃも」

と考えているのと

何ら変わりはない。

 

食事は「選択」とは違うという人もいるかもしれない。

 

でも、カップラーメンを毎日食っていたら

その人が不健康になっていく可能性が高いように

食事でさえ「選択」の一つなのだ。

 

食事が「からだ」を作るというし。

 

だから、今の置き換えは

あながち的を外してないように思える。

 

あなたが、今「現実」で悩んでいるのは

悩みたいから悩んでいるのであって

本当は、そういう時間は

もったいないのである。

 

ほとんどの人は、ししゃもが食えなくても

そんなことは気にならない。

 

また食べればいいか、となる。

 

人の生き方の一番の難しさは

選択したら、もう引き返せない

ということにあるのだと思う。

 

そこが、ししゃもを食べることとの違い。

 

ししゃもは、また買って食えばいい。

 

しかし、人生はやり直しが

きかないこともある。

 

たとえば、もう亡くなってしまった

おじいちゃん・おばあちゃんとは

話せない。

 

また甦るなんてことはない。

 

モノでもそうだ。

 

一度壊してしまったり

壊れてしまったりすれば

復元するのには

時間がかかる。

 

論理的に言えば

「人との出会いを大切に」

「モノを大事にしよう」

というのは

そういう観点からも

重要だと思う。

 

と理詰めで考えるところが

自分らしいといえば自分らしい。

 

今、人の選択と

ししゃもを食う事との違い

を明らかにしたけど

ほとんどの選択はやり直しがきくと

私は思っている。

 

たとえば、ゲームで考えてみれば分かる。

 

どんな場面でも緊張を強いられる

「選択」であるならば

そのゲームは楽しいだろうか。

 

そうではない。

 

たまには、まったりとゆるい「選択」も

あるから、ゲームは楽しい。

 

前回もお伝えしたように

人生がRPGのようなものであるなら

そういう観点にも気を配っている(笑)

ゲームマスターがいるはずなのだ。

 

だから、人生の選択は大きく分けて二つある

と思った方がいい。

 

一つは、もうあとには引き返せない選択。

 

もう一つは、ゆるい選択。

 

割合はどうだろうか。

よく選択の積み重ねが

今の自分を作っている

なんていうけど

こっちのゆるい選択は

さほど、気にしなくていいような気もする。

 

それこそ、少年ジャンプを買い

ワンピースだけ読む人もいれば

ハンターハンターを読む人もいる。

両方読む人もいる。

 

これは紛れもなく「選択」なのだけど

この「選択」の違いが、人生に強烈で

決定的な要因になるとは思えない。

 

「両方読む人は、両方の人と

コミュニケーションがとれるから

一番いい!」とも言えないような気がする。

 

セーブは、こまめにと言うけど

選択は、もうちょっと考えないで

やっちゃってもいい気がする。

 

特に、小さな選択で

いちいち躓いている人は

「それぐらいは、気にするなw」

と言いたい。

 

f:id:remone-dox:20171026094815j:plain