バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

M気質を隠してもいいことはない

勘違いしないで

ほしい。

 

私はMではない。

 

岡田和人作品の記事で

私の事をMだと思った人も

いるかもしれないけど

普段の文面から見て分かるとおり

私は「バランス型」である。

 

ベイブレードでたとえれば

攻撃型のドラグーンでもなく

防御型のドラシエルでもない。

 

バランス型のドランザーなのだ。

 

割合としては

「M・60 S・40」ぐらいかもしれない。

 

ユングという心理学者ないし哲学者が残した概念に

「内向型・外向型」というのがあるけど

私はどちらの要素も兼ね備えたバランス型。

 

たしかに、一人で遊ぶのも好きだけど

一方で大勢とも遊べる気質を持つ。

 

最近までは「自分はどちらなんだろう?」

と思っていたけど、その中間もある。

 

ワンピースでいえばチョッパーに近い。

 

初期の頃、チョッパーは人前に出ると

物陰に隠れたり・おどおどして

「内向型」のように見えるけど

ルフィ達一行と旅をする中で

「外向型」の要素が自分にも

あると気づきだす。

 

典型的なのがチョッパーの

「割りばし変顔」である。

 

あれはなかなか「内向型」の人にはできない。

 

チョッパーの血液型は忘れたけど

私はAB型なので

もしかすると、AB型はバランスタイプが

多いかもしれない。

 

むしろワンピースでいうところの

ゾロの方が「内向型」である可能性が高い。

 

剣の道を究めようとしている彼は

「変顔」はしないだろう。

 

チョッパーと比較すると

目指す方向性が違うからなのもあるけど。

(チョッパーは人を「癒す」のが目的だから

「汝自らを笑え」の要素をよく知っている)

 

話が脱線してしまった。

 

本当は「性的な話」をしようと思ったのに。

 

そう。

 

私は、中学時代、空気に流され

同級生たちの中に入っていたので

同級生たちから悪口を言われたり

暴力を振るわれても

そこまで本気で反論しなかった。

(「どうして僕がこんな目に・・・」

とは内心思っていたw)

 

ある時、美術の先生が

「○○(=自分)はどMだなぁ!」と

冗談交じりでクラスメイトが

いる前で言われたことがある。

 

その時は、どMキャラが定着していたこともあり

「まぁ、いっか」と思っていた。

 

ただ今思うと「いやいや、○○先生

私はどMなんかじゃありませんよ。

私はMとSのバランスタイプです。

最近は攻撃的になっているので

受け身になっていじられて

バランスをとっているのです」

と言えたら、その後の人生は

変わっていた可能性がある。

 

とにかく、私の前半生は

Mと認定されてそれを信じて

疑わなかった時期である。

 

あの時ちょっと思うのは

クラスメイトの中にも

男女関係なく

自分なんかよりも

「M」度が高い人はいたと思う。

 

それに悩んでいる人もいたと思う。

 

私は当時お笑いが好きだったので

「どんなことでも笑いに変えられる」

と無意識に信じていた。

 

だから

それも「笑い」に変えられることを

実践していたのだと思う。

 

結果、自分をダメにしてしまったけど。(笑)

 

もちろん、私のように

「みんな」の前でM気質を

発揮し披露する必要性はない。

 

ただ、信頼できる人、信頼できそうな人に対しては

M気質、たとえば「甘える」とか

そういうことをしてもいいと思うぜ?

 

世の中には自分がM気質で

悩んでいる人はたくさんいる。

(「グーグル検索推測」ねw)

 

「こんな私って・・・大丈夫?」

と思っている人もいると思う。

 

でも大丈夫。

 

Mだから悪いとか

Mだからいじめられるとか

そういうことではない。

 

だから安心してMを解放していこう。

 

むっつりすけべから少しずつ抜け出していこう。

 

「汚らわしい」とか「ケダモノ!」とか

「不倫なんてサイテー!」とかで

人のジャッジするのを減らしていこう。

 

そうすると、自分のM気質を受け入れるられるかもね。

 

f:id:remone-dox:20180106090549p:plain