バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

双六都市・東京

前回書いてから

少し間が空いた「Rigo」です。

 

自分で書いといてなんだけど

「日記」続かねぇw

 

そして、ネットサーフすることに

「めんどくささ」を感じるようになった。

 

だから、ブログネタを見つけるために

情報を漁ることもしていない。

 

そのこともあり、ブログ更新が

止まってしまった次第です。

 

相変わらず、週一回のデイケアの音楽のプログラムには

出ていて(今は、安室奈美恵の「キャンユーセレブレイト?」と

いきものががりの「ありがとう」をやっている)

その後の時間で

友人と「おしゃべり」はしている。

 

しかし、それ以外何かしているかといえば

ほぼ何もしていない。(笑)

 

最近したことといえば

本屋さんで石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」のDVDと

あしたのジョー」のDVDを購入し

見て笑てるぐらいでw

 

あとは「街歩き」ぐらいで

目だったことはしていない。

 

現状維持は衰退、と冠地さんから

教えられたのに、そこから抜け出すことができない。

 

泥沼(田んぼに入ったことのある人なら分かる)

の気持ちよさにハマってる次第です。

 

今日も雨だしなあ。外出も不可&負荷。

 

そういうこともあって、キャッチアイ画像を

探しに行くのもめんどうになった。

 

このブログを見てくれる人はいるのだけど

そんなに多くはない。

 

あと前にも言ったけど

YouTubeで、喋った方が「自分としては」

ブログで記事書くより「面白い」ことは事実。

 

それもあって、書く気持ちが薄れている。

 

まぁ、こういうことはよくあることなので

ぼちぼち書いていきますよ。

 

ちなみに最近読んでいる本は

陣内秀信さんの書いた「江戸東京のみかた調べ方」。

 

以前にも、アースダイバーやブラタモリなどの話を

したことがあると思うけど

私は東京から出ることが以前としてできない。

 

その理由の一つに、東京という「街」

不可解さ、不思議さに引き込まれているからだ。

 

排ガスは多い。歩く人は、歩いている人に挨拶もしない。

 

そういう「違和感」のあることさえ除けば

東京は没落している割に、魅力のある街。

 

個人情報は漏れるのだけど

今私は東京にある「仙川」という街を歩いている。

 

活気があるかは別として

商店街が未だに存続している。

 

その辺りを「仙川地図」という

アナログな地図を使いながら

歩いている。

 

仙川のある古本屋さんで見つけたのが

この本。1989年の本だからまだAmazonでもレビューがない。

 

なぜ、私がこの本に惹かれたかというと

東京は「双六都市」である、と書かれていたからだ。

 

東京と、双六。これがどうつながるのかは

分からないけど、「断章形式」になっている点で

読みやすい。

 

本当は隣にある「ちとから地図」(千歳烏山地図)も

購入したかったんだけど、今のところ見つかっていない。

 

本のレビューになってないけどw

「東京」という場所に興味を持っている人は

オススメですわな。

 

江戸東京のみかた調べかた

江戸東京のみかた調べかた