バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

ファン/発信者という関係性ではなく、応援する/される関係性でいたい

YouTubeで時々

CMで流れる「あべりょう」の歌が

嫌いじゃなくなってきた「Rigo」ですw

 

椎名林檎同様、声質は好きじゃないけど

音楽の話でいうと

今回の「愛玩動物」なんかは

キャッチーで歌いやすい。

 

歌詞は相変わらず、あまり品のない言葉だけど。

 

www.youtube.com

 

椎名林檎と比べるなんて、大丈夫か?」

と言われそうだけど

私にとって、椎名林檎というのは

「キャッチーな曲を出さないで

自分路線を貫いている、立ち位置の分からない人」

でしかなくて、そういう意味では

私が、中学時代に感じていた「バンプオブチキン」と近い。

 

売れる/売れないのジレンマは

ミュージシャンにとって悩みの種だけど

一曲もヒットしてないけど、自分路線を貫く人より

キャッチーなメロディで売れている人の方が

個人的には凄いと思っている。

 

「いやいや、椎名林檎バンプも充分

キャッチーな曲出してるだろ?

お前、ほんとに音楽好きなのか?」

と問われるかもしれない。(笑)

 

私からすると、キャッチーかキャッチーでないかを

分けるポイントは二つあると思う。

 

一つは「口ずさめるか」。

 

もう一つは「カラオケで歌えるか」。

 

椎名林檎バンプは、もちろん歌っていない人が

いないわけではないけど、本人たちのカリスマ性もあり

歌うのを遠慮する人が多い。

(二人とも、知られていない場合も多いけどw)

 

そういう意味では、熱烈なファンがつくというのは

あまりいいことではないとも言える。

 

歌った瞬間、熱烈なファンの中で

「原曲が壊れてる・・・」と内心思っていることも

多かろう。

 

私自身、YouTubeで動画を上げる上で大事にしていることがある。

 

それは、ファンと発信者という関係性ではなく

お互いに「応援する」関係を作り上げたい

ということ。

 

ファンと発信者という関係では

飽きれば離れる人は離れていく。

 

じゃあ、熱烈なファンだけいれば

それでいいかといえば

それではつまらないだろう。

 

それは身内化に他ならない。

 

だから、自分が発信していて

応援してくれる人がいて

応援できそうであればこちらも応援したい。

 

年齢問わず。YouTubeに動画をあげる人は

その再生数に関わらず、勇気のある人である。

 

勇気は時に無謀になり炎上の対象にもなるけど

私自身は、基本的な悪いことを除けば

勇気を全く出さない人より、無謀な人の方を

評価しているつもりだ。(笑)

 

その点、あべりょうはこんだけ「ウザい」とか

叩かれながらも(たしかに初期の頃は私も

そう思っていた)これだけ曲をあげているので

ちょっと、自分の中で見直している。

 

私も早く、動画をうぷしたいのだけど

データ使用量が容量オーバーしているため

アップできない。(笑)

 

早く、五月にならないかなw