バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

からだと対話(フィジカルダイアローグ)をしてたら、腕がずしーんと重くなった

今朝、30分以上

「からだとの対話」を

やっていた「Rigo」です。

 

私は、からだとの対話というのは

人間同士の対話と同じようなものだと

思ったので、まず挨拶からした。

 

R「おはようございます。

Rigoといいます。

よろしくお願いします。」

 

なにせ、数十年、からだの声を無視し続けたのだ。

 

そういう相手に対してかける言葉があるとすれば

それは日本で言えば「礼儀」のようなものだと思った。

 

今回のは私の脳内の会話なので

からだとの関係は実は「深まってません」。

最初は「eye」さんから。(目)

 

R「最近、eyeさんお疲れじゃないですか?」

 

e「・・・」

 

R「あれ?・・なんか変なこと聞いちゃいました?」

 

e「いや、な。お前が私を酷使しているのに

なぜ、そんな言い方をするのかよく分からないんだよ」

 

R「本当に申し訳ないと思っています。アタマでっかち

理屈固めて、アタマでこねこねした結果

eyeさんを使うはめになって・・・」

 

e「言い訳は聞きたくない。最終的に

私を酷使したのはお前の判断だ。

今日はもういいな?

こっちは疲れているんだ」

 

R「すいません。( ;∀;)また伺ってもいいですか・・?」

 

e「私に関心があるなら、私の反応がなくとも

伺うだろう。お前の問いかけがいつまで

続くか見物だな」

 

R「eyeさん、ありがとうございました!」

 

第二部。「arm」さん。(腕)

こちらはちょっと対話できた。

 

R「armさん、今日の調子はどうですか?」

 

a「・・・」

 

R「(またか・・・やっぱりからだの声って

聞けないのかな・・まぁでも話しかけるしかない!)

最近、自分が疲れが溜まっていて・・・

armさんは、疲れていないですか?」

 

a「疲れてるよ。嗚呼!」

 

R「面目ない。申し訳ない。これも私の「せい」ですよね?」

 

a「当たり前だろ?お前の疲れは全部

こっちは把握ずみ。こっちは何度もサインだしてるわ!」

 

R「がーん(´Д⊂ヽごめんなさい。」

 

a「試しに、今その証拠を見せてやる」

 

(数秒後)

 

R「う、腕がずしーんと重い・・・。

なんだこりゃ・・・」

 

a「だから、お前の腕は重くなってるんだよ。

その腕の疲れにさえ気づけないお前はバカだ」

 

R「・・・ごめん」

 

a「分かればよろしい」

 

(感じきると30秒後、腕の重みが消える)

 

とまぁ、こんな感じで、30分ぐらい

からだと対話していました。

 

といっても終始、私の中の会話になってしまった。

 

膝との対話もやって

「支えてくれて、ありがとう」という言葉を

膝さんにかけた。

(膝がよく、ぱきぱき鳴るので)

 

前回言ったように、私は「野口体操」を

やったことがある。

(ゆるゆる体操の瀬戸嶋充先生からちょっと教わった)

 

www.youtube.com

 

戦後黎明期の時代。

 

野口三千三さんという方が考案した体操だ。

 

彼は、本の中で「からだ」との「対話」ではなく

「体操とは占いである」と言っている。

 

だから今私がやっている「からだ」との「対話」も

いずれ、撤回することになるのかもしれない。

 

まぁ、それはいい。今日は「腕」の「重さ」を

感じ取れただけでもよかった。

 

ちなみに、私は胸鎖乳突筋の過緊張が目立つため

「首回し」などのストレッチがとてもしづらい。

 

そこで、私が考案したのが

「肩」を上げて「首」を横にするという方法。

 

これだと、片側の首はある程度「ゆるんで」くれる。

 

これは、寝る時の体勢で偶然見つけた。

 

こういう風にして自分にとって「気持ちのいい」動きを

見つけるのも体操のあり方だとこの本を読んで思っている。

 

野口体操 からだに貞く 〈新装版〉

野口体操 からだに貞く 〈新装版〉