バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

心屋教やhappy教と、鎌倉新仏教を比較。あれ?

貴族から武士への時代に移り変わる

「動乱期」に出てくる

「鎌倉新仏教」。

 

江戸幕府の終焉の際に出てくる

金光教」「黒住教」「天理教」。

 

この記憶を思い返した時

「!」

「完全に今の時代とフラクタルじゃないかw」

と思った。

 

社会構造や社会制度が崩れ始めてくる。

不安になる人が続出。

「あなたが不幸なのは、このせい」

と、なんやかんや「教える」人が出る。

「教え」が広まる。

「信者」が出る。

「それ以外の教えは無視」

「自己完結の狭いコミュニティ」が

色んな地域に出来上がる。

「教え」同士が殺し合いをするw

「日本」がさらに殺伐となる。

 

うわ~wまろは、何やってたんだ。

 

明治・大正・昭和に続く日本は

戦争の嵐だし

戦国時代は、寝首を掻く時代。

 

これが「宗教」のせいだったかは分からないが

「宗教」が出た後の「時代」というのは

変な方向に進んでいる。

 

これが、平川克美さんが言う

「移行期的混乱」の意味かあ。(勝手に解釈w)

 

こう考えると、歴史を学ぶ意義って

「騙されない」ためにあるのかも。

 

結局、日本のネットも

ピラミッドないし

ヒエラルキー」構造作りに

飲み込まれていくのか。

 

決して大学の権威が解体する前の

今までの「学問」の

「先生」「生徒」構造の

ヒエラルキー構造がよかったとは思わないけど

この当時の方がまだ「先生」も「生徒」も

「高貴」な貴族精神が残っていたのではないか?

(ここでいう「高貴」とは

金の亡者にならないこと&学説を妄信しないこと)

 

イケハヤさんやそのチルドレンたちも

そしてユーチューバーたちも

その内「自滅」するかもな。

 

今まで、変な教え紹介しててごめんね。

 

もうちょっと地に足つけるわ。