バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

傷つきやすい人は、不意を突かれてる「間」。青山テルマ。

漫画紹介動画が

視聴再生数「300」を超えた

「おとなし」。

 

「しいたけ占い」の動画をあげた時も

びっくりしたのだが

今回の動画は「しいたけ占い」越えしたw

 

二週間で「300」越えって

初めてw

 

みんなエロ漫画、好きなのかしら?

(最新動画は「私の少年」という漫画と

大塚愛の「金魚花火」について

喋っています)

 

それはさておき。

 

今日は人間の「生存戦略」について

書いていく。

 

まろは、HSPと診断を受けたわけではないが

そういう特質・気質・性質があると思っている。

(気になる人は、ちぇっくw)

 

だが、巷にあるHSP本は読む気にならない。

(面白くないw)

 

だからまろなりに考えてみたのだが

よく傷つく人っているでしょ?

(まろが典型的)

 

で、なんでこういう人ってよく傷つくかといえば

それは「不意」を突かれてるからだと思う訳。

 

学校でいじめに遭うのがマジで辛い訳は

結局「この子にいじめられるとは思わなかった。」

と思う人からいじめられるからで

「こいつ、いじめっこだろ?」と思うような人から

いじめられた時は、実はショックは小さい。

 

ボクシングで考えてみれば分かる。

 

お腹に力が入った状態で殴られるのと

入ってない状態で殴られるのでは違う。

 

前者は痛いにしろ、耐えられる。

後者は、うずくまって立ち上がれない。

 

何も「いじめに耐えろ」というわけではないのだが

現実に全く「耐えられず」すぐ

怒ったり・モノを壊し続ける人を止める術が

ないのと同じように

「耐久力」のない、別の言い方をすれば「根気」のない人は

たぶん、その後の人生うまくいかないだろう。

 

「死ぬこと以外かすり傷」という言葉がある。

 

で、これも程度問題で、腕や足に重傷を負った人からすれば

「かすり傷なわけないだろ!」である。

 

でも一方で「腕」を軽く叩かれるぐらいだったら

「いた~いw」ぐらいで済む。

 

まろは、夕食を親に頼んでいるのである時

母親から「ゴキブリがいるねえ」と言われ

ショックだったのだが

これもすねかじりニート

母親からゴキブリと言われるかもしれない

という想像力が欠けていたからである。

 

まろが今の時点で「ぼっち生存戦略」をとっているのは

名越康文さんとは関係なく

自分の経験からきている。

 

それは、組織や集団のほとんどは

人を傷つける人がいるということ。

 

ワンピースのルフィのクルーであっても

お互いに傷つけることだってあるわけだし。

(彼らは自覚的だが)

 

よく「傷つけない「居場所」を見つけよう」

という人がいるが、これは一面的には当たっているが

もう一面では当たっていない。

 

人は、傷つけないように傷つけないようにして

「傷つく」時もある。

 

逆に、嫌味とか「傷つくかもな」という言葉を吐いても

傷つかない時は傷つかない。

 

「その時」によるw

 

聖書に出てくる「イエス」や

仏教の「ブッダ」は対機説法の達人だったと言われる。

孔子論語もお忘れなくw)

 

TPOを観て相手が「今」

必要としている「言葉」を投げかけるのだ。

 

あれだけ「矛盾」に満ちたテクストが作れるのは

人はそれぞれ違うからである。

 

最初の話に戻ると

「じゃあ、どうすれば傷つきにくくなるか?」

ということなのだが

これは簡単でどんな相手であっても

(家族は難しいが)

「近寄りすぎない」ということである。

 

たとえば、あなたが「バカ」という言葉で

傷つくとしよう。

 

でもそれって「10m」先から言われて

「傷つく?」

 

ツイッターで考えてみよう。

 

たとえば、自分がフォローしてない人から

「あいつは人間のクズだ」と

つぶやかれていた時

(観てないけど想像で)

「傷つきますか?」

 

まろは少なくとも、傷つかない。

 

だって、知らない人だから。

 

なぜ、武道では「間合い」を取ることが

必須なのかといえば

それは「間合い」こそが

人間関係の肝だからである。

 

まろは哲学的に考える癖があるので

だいたい「なぜ、これを学ぶのか?」を

考えてしまう。

 

間合いについては、おそらく

もっと深い意味もありそうだが。

 

活殺自在。

(言いたかっただけ)

 

自分がこの世界で「生き延びたい」

「生き残りたい」と思うのであれば

傷つくことは前提で

「不意」を突かれないように

「間」を作る事。

 

「間」のないところに

暴力あり。

 

最近、どの社会問題を観るにしても

そう思うようになった。

(今回の体操パワハラ問題も

一筋縄はいかなそうだな)

 

「居場所」も大事だが

「居間所」も大事だろうな。

(言葉遊び)