バカの申し子「めくる」のでんぐり巡り

ラーメン、いっぱい(一杯)食べたい~♪食べているから、ハッピーさ~♪

まろの書いた中身のない記事は流し見でいいからw

「罪と快」の記事が

上位にランクインしてるw

 

頼むから、他の記事を読んでくれ。

(´Д⊂ヽ

 

書いた本人からすれば

こういう記事は特段の意味はない。

 

むしろ、今日書いた「埼玉どこぉ?旅行」

みたいな記事の方が「力」入れてるんで。

(読みやすいワケではないが)

 

200記事のコンテンツ力はともかく

中には「2000字」近い分量の記事もあるので

「読みにくい」かもしれないが

読んでほしい。

 

決して「役に立つ」記事は書いていないが

時間差で、あなたの経験に役立つと思う。

 

あなたの観ている世界と

まろの観ている世界は違うんでね。

 

はてなブログは途中でやめている人が多いので

「またかw」と少し悲しい( ノД`)シクシク…

気持ちになるのだが

これを観ている人は

おそらくブログに興味がある方なので

「暇」なら始めることをおススメする。

 

最初は「こんな記事誰が読むんだよw」

という記事が量産される。

 

自己完結で、自分に向かって書くような文章や

ポエマーのような文章が出来上がる。

 

だけど、そこで「諦めず」

「もうちょっと続けてみるか」とやってみると

少しだけ視界が開ける。

 

まろは、飽き性ではあるが

粘り強い事で有名なので

続けられているのかもしれない。

 

また、役に立たない記事を量産する力が

あるのかもしれない。

 

今月は少しペースが落ちているが

それは「ネタ」の減少ではない。

 

逆なのだw

 

むしろ「ネタ」が増えすぎて

どういう形で、どれをアウトプットすれば

いいのか分からなくなってしまっている。

(メモ帳には、メモだらけ)

 

まろも最初はネタを考えるのに

一苦労だった。

 

自分が観た動画や、経験したことを

書くので「精一杯」で。

 

でも、情報を出している内に

自分の中で「循環」(スピリチュアル用語w)が

始まっていることに気づき

イデアがバカバカ出てきたのである。

 

もちろん、重複しているネタもあるし

お世辞にも、文章はまだまだ改善の余地はある。

 

ただ、まろは基本的に文章は「勢い」と

「感情」が伝わるかだと思っているので

「論理」とか「文章術」とかは二の次である。

 

これは内田樹さんの本から教わったことだが

「多孔」的である文章が

(つまり、色んな価値観の声が入っていて

読み手を気持ちよくする)

いい文章であると、言っていて

「これだ!w」と思って以来

それだけを目指している。

 

特に、まろの文章は「オリジナリティ」とか

一切、無視。無死。

 

人から浴びてきた言葉を

人から受け取った語彙を使って

書いているだけ。

 

ただどこかで言葉を「取捨選択」しているから

(内田さんの言葉を使えば「こびと」か)

その言葉遣いは、オリジナル「っぽく」

感じる人もいるかも。

 

まぁ、とにかく。

 

独りよがりの文章よりも

ポリフォニー(多声的)であることを。

 

それを書くためにも、自分とそれ以外の人の

「言葉」や「声」を知る事。

 

その反復が、いいアイデア

いい文章を生み出す条件だと思う。

 

くそ~。

 

最初200字で止めようと

思ったのに1000字超しちゃった。